オーラとチャクラ チャネリング

チャネリングの対象はどうやって決まるのですか?

↓毎日クリックありがとうございます。

巷に出ているチャネリングの書籍を見ますと、チャンネルの対象は神仏、聖霊、宇宙存在などありとあらゆるものがありますが、その対象はどうやって決まるのですか?また本当にそうなのでしょうか?

【答え】

チャネリングの対象は、チャネラーの無意識下における世界観を反映したものとなります。

その世界観が妄想の域を出ないものは、チャネラー自身の妄想にチャネリングをすることになります。

このような場合は、妄想における自身の隠された願望や衝動から情報を受け取ることになるので、役に立たないどころか、危険ですらあります。

でも当の本人は、神仏や聖霊にアクセスしていると思い込んでいるので厄介なことになります。

ですからチャネリングが出来るとうそぶいているチャネラーの言うことを鵜吞みにするのは大変危険です。

何でも信じることを強要してくるチャネラーは疑ってかかった方が賢明です。

本当に役立つチャネラーは、それぞれ皆リアリストです。

チャネリングが崇高なものだと誤解する人は、それ以上の現象の観察を止めてしまうので、誤った情報を受け取ることになります。

具体的に言えばテストの問題用紙を渡されてから冒頭の数行だけを読んで答えを決めてしまうようなものです。

この場合のチャネリングとは、道で偶然に出会った一般人の意見を妄信するようなものです。

チャネラーにとって最も必要なのは分析力です。

自分が得た情報をどれだけ正確に客観的に、偏向せずに受け取って判断することができるかが、その情報の質と正確さを決定します。

-オーラとチャクラ, チャネリング